スポンサーリンク

ドキドキライブ(分析編①)

スポンサーリンク
一人旅・趣味
スポンサーリンク

 今回は、ドキドキライブのあるイベントについて分析をしてみました。私が知りたいのは、ドキドキライブのイベントというのは、結局爆投げの方ひとりで勝負が決まるのか?ということを数字的に調べてみました。興味がある方はご覧ください!最後の結論だけでも見てくださいね!

1 考察①あるイベントの結果を見てみよう

 これはあるイベントの結果です。縦軸がライバーの順位、横軸がリスナーの貢献順位を表します。ライバーのベスト3はいずれも100万ポイントを超えるとても大きなイベントでした。(恐ろしい~~~!すげぇ~~!という言葉しか私は出ない!!)

 これを割合で見てみるとわかりやすい。

 特に2位の方を見てもらいたい。貢献者数が19人と非常に少ないにも関わらずほぼ1位の方と同じ数字を叩き出しています。ものの見事に、貢献1位の人だけで勝っています。1人で76万円も応援できるというのは、きっとファン以上の深い愛情があるのかと思いますが、本人にしかわからない世界です。

 ここでちょっと意地悪なイベント分析。もし貢献1位の方がいなかったらどうなる?

 なんと順位が入れ替わりました!ライバー順位1位と3位の方に共通するのは、貢献1位の方とは別にもう一人貢献20万P以上の超ハードな貢献者がいるということです。やはり、大きなイベントほど、この貢献20万P以上の壁を超える貢献者が必要なのか・・・・・

【分析結果】

 ①一騎当千者はいる!!

 100万ポイントを超える戦いでも、やはり一人で50%を占めるような強い貢献者がいることが勝利の条件である。(現状では・・・・)

 ②しかしながら・・・・

 ライバー順位4位の方を見てほしい。こちらのライバーの方のように、貢献者の裾野が広い方こそ今後イベントで好成績を取ることが、リスナーの立場としてもうれしいと思う。なぜって?それはみんなでイベントを戦ったから、みんなでイベントに勝ち抜いたからと思えるからだと私は思います。

 そのためにはどうするのか?そうです分母を増やす。すなわちドキドキライブ全体が盛り上がり、ドキドキライブのアプリを利用してくれるリスナーさんの数そのものが増えることです。そのためには、自枠他枠を含めて楽しい配信を継続していれば、増えてくることと思います。私もブログを通じて世に発信するお手伝いができればと思っています!

 ※あくまでも私の思ったことです。誰を批判することでもございませんのであしからず!

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました