スポンサーリンク

ドキドキライブ2周年

スポンサーリンク
一人旅・趣味
スポンサーリンク

ドキドキライブと知り合ってから8月1日で丸2年!2年を振り返った配信をしてみようと思いました。(2022.7.31予定)

そのために、簡単に振り返りを作ってみたので、暇がある人は読んでみてください。(ほんと暇つぶしよ?)

そもそも8月1日って、私にとってはとても重要な日なのかもしれない。もちろんドキドキを始めた日でもあるが、今の会社に就職した日でもある。

そして管理人をしてくれている人の誕生日でもあり、友人の親、妹の誕生日だというなんともすごく縁のある日です!

水の日、ホームパイの日などなど、調べてみたらなんとたくさんありましたが、載せるのは断念しました(笑)私のドキドキライブの歴史はこんな感じ!

1 きっかけ

新型コロナ拡大!外で飲み会や旅行ができないので、新たなコミュニケーション手段としてアプリをダウンロードしたのがきっかけでした。

2 最初のころ

とりあえず配信枠に入ってみて、リスナーを楽しんでました。ちょうど自分が家で飲む時間に配信枠にお邪魔し、会話を楽しんでいました。

3 衝撃な出来事

最初に衝撃的だったのは、ぼちぼちお邪魔していた方の枠(Jさん)でしたが、渋谷ビジョンのイベントに出ていらして、徹夜で10時間配信をされていたことです。

夕方から配信されており、自分が22時ごろ寝るときにはまだ配信続行中で、朝6時頃起きた時にはまだ配信されていました。

その時は綺麗な顔に少し疲れが見えていたものの、私が寝る前の状態のまま座って配信を続けていたことにすごい感動を覚えたものです。

どうしても渋谷ビジョンに出たかったという強い意志に打たれてしまい、思わず「海底列車」を贈ってしまったのがある意味本当のスタートだったのかもしれません(笑)

この傾向は私には良く見られる行動で、今現在は「とてもいかん!」と思ってもうやらないと固く決意しています。(だから期待しちゃだめよ!)

まあイベントにはいろんな感動がありますよね~共に戦えて良かったです。(過去形)

4 配信者として

そんなこんなで自分が配信することになりました。きっかけは先ほど登場したJさんの管理人さんからやり方を教えてもらったからできるようになりました(笑)

今と余りスタイルは変わらないのですが、ラジオ配信で飲みながらというまさに「居酒屋」感覚でした。話し相手はもっぱら「ボット」か「Kもちちゃん」か「Aそん」!

正直ほとんど「だ~~れもいない」寂しい配信が半年から1年くらい続きましたかね~。その頃の配信は、ほぼ独りぼっちでした。

ちなみに「Kもちちゃん」については、まだ子供(笑)だったので、良く勉強のやり方とか、なぜ勉強をした方がいいのかを教えてましたね~

5 最初の1年は?

コロナのせいで外飲みができない状態で、誰かと飲みながら楽しく会話をするためには、ドキドキライブしかなかったので、細々と配信を続けておりました。

しかしながら、一人、また一人と段々私の枠に足を運んでくれるリスナーさんが増えてきました。ありがたいことです。

振り返ってみると、最初は、私がリスナーとして配信枠に入って行ったとき、その枠の管理人さんが足を運んでくれたことが多かったような気がします。

まあ最初だけのお付き合いレベルでしたがそれでも新鮮でありがたかったですね。なかなか毎日のように足を運んでくれる方はほとんどおりませんでした。

結局、自分がどこかの枠に行って応援した時には、お礼という形で枠に来ていただけたというのが実態だったのでしょう。それでも大変うれしかったですよ。

まあ、今まで私と相互管理人になってくれたライバーさんでさえ、残念ながら最初はそれなりに足を運んでくれましたが、長く続いた方は余りいないのが実態でした。

6 2年目は?

正直なところ余り1年目とは代り映えがありませんでしたが、自分なりに「新人バナー」のイベントに毎月出るようにして、お友達増えないかな~って感じでがんばっていました。

2年目のころは、私の大切な「Kもちちゃん」が大変忙しくほとんどINできなかったので、話し相手が全然いない状態も続いていましたがイベントの力はすごい!

少しずつ顔なじみが増えてきている実感がありました。そんな時に、すごいことが起きてしまったのです。

ある枠のリスナー仲間たちが結構私の枠に遊びに来てくれるもので、配信が楽しくなっているものも感じてきたころです。

なんとあの伝説のメンイベの時のことです。私の我がままをファミチャに書いたら、それを実現してくれた方がいたのです。

その名は、●~chan!(バレバレか!)。私がその時にたまたま出ていたイベントと、メンイベのイベントの対象アイテムが被っていたのです。

それはなんと「シャンパンタワー」!やばいでしょ?15,000ポイントの最高級アイテムですよ。男性が男性にその気持ちを汲んで飛ばしてくれる。

嬉しいですよね。あれは泣きましたよ。今でも忘れられない。本当はファミチャに書いて、当時の相互管理人さんにメッセージを送ったのですが・・・。

その人ファミチャほとんど見てない方みたいで・・・。相互管理人のファミチャは、忙しくても1日1,2分でいいから目を通してほしかった><

ですが、K~●●(バラしたか!)がすぐに気付いて「バシッ!」とシャンパンタワーを贈ってくれました。(ありがとう友よ!)

お陰でダブルランキングという後にも先にもこんな我がまま言って実現してくれたのはただ一人でしたね!(驚き!)

そんなこんなで、みなさんの「情け」であることは重々承知していますが、「新人バナー」についても、3位以上に入ることが出来るようになってきました。

念願の1位を取ることはできませんでしたが、2位、3位と大変な名誉を頂きました。そんな時にやっていた独自企画がこんな感じ!

・何杯スパークリング麦茶の大ジョッキ飲めるか当ててみろ!

・チンチロ大作戦!出目を当ててみろ!

・串カツ何本食べれるか当ててみろ!

・アオカビチーズを食べるぞ!(大っ嫌いで何度も吐き出したやつ!)

その他こんなことをしました!

・グレープジュースっぽいやつ1ℓ何分が飲めるか当ててみろ!

・一味てんこ盛り焼き鳥を食べるぞ!

・ペヤング極激辛を食べるぞ!

・生卵一気飲みするぞ!

・カラオケ100曲連続で歌うぞ!

・喜びの百裂キック!

こんな感じかな~まあ、芸がないですが、自分なりに結構考えて頑張ってきたつもりです。面白がってくれた方もいたとは思うのですが・・・。

でもある方からは、私の配信に対して、リスナーを大切にするようきつく言われたことがあり、かなり凹んだこともありました。

私の場合、結局自分がやりたいことをやっているだけなんですかね・・。イベントに出るのは大変だ。。

7 すごく驚いたこと(現在)

知っている人の方が多いので触れますが、私は以前ドキドキライブを辞めました。実際には約2か月間です。

詳細はお話しませんが、自分としては、「この扱いはどうしても納得することができなかったので辞めることにした」とだけ言っておきます。

ところが・・・・本当に驚いたのは、辞めてからたくさんの方から、お手紙、ライン、Twitter、DM、ファミチャへの書き込みなど、あらゆる手段で・・・・・

「ドキドキライブに戻って」このようなメッセージを頂戴できたことです。どんなにみんなが寄り添ってくれたかは、いずれ詳しく書きたいと思います。

私が何よりびっくりしたのは、そんな風に私のことを考えてくれたり、惜しんでくれる方がドキドキライブの中には沢山いるんだと思ったことです。

そこで、随分悩みましたが、もう一度ドキドキライブをやってみようと思い直して、約2か月のブランクを経てもう一度出直した次第です。

ところが・・・まさか結構仲が良かったと思っていた、関わりが深いと思っていた方から、Twitterで叩かれるとは・・・・

(一部抜粋)「いつも言いたいと思っていた。辞めると言ってすぐに復帰するやつ。マジでカッコ悪。だったら言わなきゃいいのに。」

復帰翌日にTwitterで書き込まれたツイート。他でもない私のことですね。直ぐに心が折れてまた辞めようと思ってしまいました。

だってその通りですし、やっとの思いで立ち上がったところでしたからダメージが大きかったですね。ですがそのツイートはすぐに削除されました。

そしてその後、こんなツイートが。(一部抜粋)「私に直接DM送ってきた人は立派。こんなに思われているあなたは幸せ者」だそうです。

私は複雑な気持ちでしたが、私の代わりに物申してくれる味方がいて嬉しかったな。誰かわからないけどありがとう。SNSの世界も、敵も多いけど味方も多いのですね。

本当に今でもお付き合いがあるのは、くそ真面目な話しかできない私のことでも、何らかの面白さや必要性を感じてくれた方だけなんでしょうね。

お互いの枠に行き来したり、SNSで関係を保ち続けたりするのは結構時間と労力を必要とします。また、応援するのは何よりお金がかかります!

以前にTwitterでも書きましたが、私は想いは等価交換だと思っています。形はいろいろ。自分ができる方法でよろしいかと思いますので双方向で思いやれるといいですね。

現在では配信を始めると、すぐに配信枠に入ってきてくださる方が多くて大変幸せです。また、Twitterやブログを読んでくれたり、イイネや返信をくれたり。

コロナで自由に外出できない状況が続いても、みんながいると本当に嬉しいと心底思います。そうですよ~私も君もかまちょなのさ(笑)

願わくば、ずっと末永く関わっていけることを切に願っています。

【おまけの自己紹介】

どちらかというと外に遊びに行く方が多かったかなと思ってます。趣味は何と言っても外で飲む「飲み会」それと「一人旅」です。

スポーツも割と好きで、地域のサークルに所属し、ソフトテニス、ソフトバレー、バドミントンなどをやっていました。

あ!一応学生の時に本格的にやっていたスポーツは、野球、器械体操、柔道、空手です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました