ガキ使棒(手作り)大戦争(思い出)

スポンサーリンク
④中学生編

標題だけではなかなかイメージ湧かないですよね。自分が中学一年生の時に流行った危険な遊び!! まあ〜他の学校ではまずやらなかったのではと思いますが、当時の私たちはとても燃えていた思い出。ちょっとお付き合いください!

どんな遊びかというと、新聞紙を丸めて棒型(筒形)にして、相手めがけて投げ合うという直撃すると大変痛いですが、これがまたかなり燃えたんです。当時の時間割ですと、中休み(2時間目の後)というのと昼休みが比較的長い休み時間でした。

その休み時間になるとクラスの男子たちがそれこそ西軍・東軍に分かれて、おのおの手作りの新聞紙の棒を手に取り、一斉に相手に投げ始めます。はっきり言って本気で投げます。直撃すると泣きます!新聞紙の棒はこんな感じ。

これが、

こうなる!(・Д・)!

ふつ~の新聞を丸めて、ガムテープ! まさに手作りの「ガキ使棒」!


投げ方は、こう構えて!

こう投げる!

 クラスの中の戦場はこんな感じ。
    ↓                ↓
●【平常時の教室】(これが)

●【戦闘開始後~】(こうなる)

さて、今更ながらですが、女子が可哀そうでした。というか本当に迷惑だったと思います。
休み時間になると、急いでクラスの外に出て、まさに「避難」します。
逃げ遅れると「流れ弾」にあたってしまうので、必死に逃げておりました。

イメージ沸いてくれると嬉しいのですが>Д<!
余りに酷いので、いい加減先生に言いつけられて、いつの間にか禁止となってしまいました。皆さんこんな遊びしてたことありましたか??私の大好きな思い出の一つです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました