マック襲撃事件

スポンサーリンク
②社会人編

私が以前働いていた職場で実際に起きた事件。その名も「マック襲撃事件」。前振りなく早速内容に入ります!

【エピソード】
 ドライバーのAは、クライアントから預かった荷物を2トントラックに積み込み、目的地に向けて走っている時のことでした。時刻はちょうどお昼ごろで、Aはおなかが空いてきたこともあり、どこか適当な店で昼食を取ろうとしていました。

そんな時に「McDonald’s」の看板発見!荷物の納品時間も考え、Aはドライブスルーでバーガーを購入し、トラックの中で食べながら運転しようと考えました。ドライブスルーに並び、いよいよ自分の時が来ました。普通にバーガーのセットを購入し、2トントラックを発信させたその時!事件が発生しました。

「バリバリバリバリ!!!!」ドライブスルーの屋根を支えている柱に2トントラックをぶつけてしまい、ドライブスルーの屋根と柱を根こそぎ持って行ってしまいました。急いで急ブレーキを踏んだものの既に後の祭りです。ものの見事にマックのドライブスルーを破壊してしまいました。


(ヤバい。どうしよう・・・)Aはボーゼンとしていました。すると女性の店員の絶叫にも似た叫び声が聞こえてきました。「店長!店長!店長!屋根が屋根が屋根が!早く来てください!店長~~!」まもなく店長とアルバイト店員の男性が表に回り、破壊された屋根を見てもの凄く驚きました。

そして店長は大声で怒鳴りました。「てめぇ、ふざけんな!早く下りてこい!」トラックのドアを開けて、半ば引きずり降ろされるA。そして逃げないように店長とアルバイト店員が両腕をがっちりと抑え込み、警察に通報されました。まもなく警察官が到着し、現場検証が始まりました。

「これは酷いね。何したらこんなに破損するだ?まあ物損事故だね。免許証出して。」そう警察官が告げるとAは困惑しました。(しまった免許証不携帯だ・・・)そうです。Aは免許証を職場に忘れてきたことに気付きました。警察官は「早く免許証を出して。」少しきつめに言います。

するとAはとっさに嘘をつくことを思いつきました。「違うんです。吸い込まれちゃったんです。このエアコンの通気口に吸い込まれちゃったんです。吸い込まれちゃったんです。」必死に言い訳をします。警察官は「何を言っているんだ。こんなところに吸い込まれるわけないだろう。」

そう言うもAは必死に「吸い込まれちゃったんです。吸い込まれちゃったんです。」と必死に言います。そしてAは「大変ご迷惑をお掛けしました。一度会社にも連絡し、責任者に報告をいたします。少しお時間をください。」そう言い、警察官の了解を得て、トラックの中で会社へ連絡をしました。

「課長すみません。事故を起こしてしまいました。場所は○○のマックです。人をよこしてください。後すみません。(小声で)免許証を机の引き出しに入れてありますので、それも必ず持ってきてください。すぐにお願いいたします。」そう言うと電話を切り、警察官の元に戻りました。

「すみません、すみません、・・・・・・」必死に謝り、時間を稼ぐA。会社から上司の課長が到着すると、「あ!会社の上司です。少しお待ちを・・」と言うと課長の元に素早く移動し、「すみません。免許証は?」と小声で言うと「ほら」と上司から渡されました。

そして会社の上司がマックの店長や警察官などにお詫びをしている間に、Aはトラックに戻り、大声で叫びました。「あ!免許証取れました!取れました!」そして警察官に渡し、安心したかのように立っているA。その姿を見た課長は、心の中で思いました。

(免許不携帯なんかより、これだけの物損の方がはるかにエグイのに)そう思いながら、こいつクビにしてやろうかと改めて思ったのでした。

以上です。みなさん、これを教訓に飲酒運転はもってのほかですが、決してわき見運転、食べながら、スマホなどを見ながらの運転はやめましょう!ながら運転は大事故の元です。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました