地獄の苦しみ兄の大嫌いな「たばこ」

スポンサーリンク
⑤幼児・小学生編

私が小さいころとっても嫌いだったもの。それが「たばこ」です。厳密にいうと「たばこの煙」がことのほか大嫌いでした。

私は4人家族だったのですが、両親ともにたばこを吸いますので、子どもの頃からたばこの煙に巻かれて育ちました。父親がいる時には、居間中たばこの煙が充満していて本当に嫌でした。(まあ当時は我慢するしかなかったですけど。)

また、父親がたばこを吸っているときに、よく私の顔に「ふ~~~」っとたばこの煙を吹きかけてきたことを覚えています。この時、いつかこの親父こ○す!と心に誓ったものです。(今は思ってませんよ><!)

※昭和50年前後の記憶

中学生くらいになると、クラスの友人たちでもたばこを吸う連中が増えてきました。相変わらず私は吸っていませんが。友達の家に遊びに行くと、ん~~~煙><!なってこともありましたね。当然友達の部屋ですから、たばこを吸うな!!とも言えず、しかしこいつらとつるんでいると楽しいので、これまた我慢の日々!!!

でも友達も配慮してくれて、たばこを吸うときは、窓を開けてくれて、窓めがけて煙を吐いてくれたものです!(うちのクソオヤジとは大違いだ><!)正直自分が吸うようになれば嫌な思いしないんじゃないかと、試しに吸ってみたこともありましたが、ダメでした><!(今となってはそれで良かったと思っていますが!)

就職したときは最悪でした。私が配属になった部署が「特殊室」という名前がついており、完全に個室状態だったんです。そして約30年前では、職場でふつ~~~にたばこを吸いながら仕事することが当たり前だったのです><!(本当に嫌だった><!)完全に個室状態だったので、たばこを吸えば吸うほど、どんどん霞がかってくることは想像できると思います。いや~酷い環境でした。(約3年間耐えました。)

※平成3年以降の記憶

ちなみに就職したころは、何と言っても飲みに行くことがこの上なく大好きだったもので、しかも独身ですから、晩御飯を食べに行くように、毎日居酒屋へ飲みに行っていました。当然約20年~30年前の居酒屋では、ほとんどのオヤジ達は、たばこは当たり前のように吸っていますから、まあきつかったですね><!

だったので、だいぶ我慢できるようにはなってきました。いやもはや慣れでしたね><!というわけで私の肺は、ノンスモーカーなのに恐らく「真っ黒」なのかもしれません。もしも肺がんになったら・・・・誰を恨むの??

昨今居酒屋でもたばこをなかなか見なくなりました。本当にいい時代になりましたよね。昭和46年代のみなさんが子どもの頃、たばこの煙とはどう戦いましたか?

【参考】(日本専売公社、日本たばこ産業株式会社による調査より)

昭和50年喫煙率 男性76.2% 女性15.1%

平成3年喫煙率  男性61.2% 女性14.2%

平成30年喫煙率 男性27.8% 女性8.7% 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました