エキサイティング 居酒屋

スポンサーリンク
②社会人編

私が21歳のときの、稀にみるエキサイティングな話!今回は、エピソードとは別に、想像バージョンも作ってみました!お時間ない方、いわゆる妄想バージョンだけでもどうぞ!

【エピソード】

私が就職して3年目のころ、私の尊敬する先輩(男性30歳)が私を飲みに誘ってくれました!そして、もう一人の尊敬する先輩(女性40歳)も付き合ってくれて、私は尊敬する二人の先輩と3人でそれはもう楽しい飲み会のひと時を過ごしました!そんな時に起きたまさに大事件と言っていいほどの出来事です。

ここは池袋。当時も今も東京では、新宿、渋谷、池袋と言えば有名な繁華街です。

居酒屋で大生を一体何杯飲んだだろうと思ったころ、そろそろトイレへと思い、トイレに行きました。そして、トイレに入った瞬間!一人の若い女性が立っており、私の首に手を回してきました!(なんだって~~~~~~~~~~~)なんとトイレが男女共用だったのです。

さて、私はびっくりして固まってしまいました。(何が起きているんだ??)そしてその女性は、そのまま目をとじて、私の顔に・・・・(私パニック><><!)

「ちょっと待って!どうかしましたか??大丈夫ですか?」一度その女性の肩をつかんで少しゆさぶるようにして話しかけました。どうやらその女性は酔っぱらっているようです。いやかなり酔ってます!!そんな私の問いかけが聞こえないのか、なおもその女性は私に抱き着いてきます。

(どうしよう。この女性完全に酔っぱらっている。困った。)こんな風に思っているのもつかの間、さらにこの女性は私に抱き着いてきて、そしてどう考えてもキスをしようとしています。(たいへんだこれ><!)

そして私は、この女性に「お友達はどこで飲んでいるんですか?連れて行ってあげますよ!」と話しかけますが、女性はウンウンとうなづくだけで、またも私に抱き着いてきて、キスをしようとします。                【ますますパニック><!】

どうにもならないのでこの女性をトイレから連れ出して、「お友達はどこらへんで飲んでるのかな~~~?」と今一度聞くと、指をさしました。そしてその先に連れていき、「すみません。どうも彼女はかなり酔っぱらっているようなのでお連れしました。」とまあ、つまんない結末で終了です。

その後、席に戻り、先輩に事の顛末を話して大爆笑をもらい、とてもいい酒のつまみにはなりました。でもみなさんヘタレだろ~って思ったでしょ??21歳当時の私では、まあこんな感じでしょうか。しかし、約30年後の経験をふんだんに積んだ兄だったらどうなるか、ちょっと想像してみましょうか!(みなさんお待ちかね!)

【レベルが上がった兄の場合】(ここからはフィクション!想像バージョン

トイレに入った瞬間!一人の若い女性が立っており、私の首に手を回してきました!(なんだっ?と一応驚く)そしてその女性は、そのまま目をとじて私の顔に近づいてきます。そして私は、その女性をそっと抱きしめてあげて、耳元で囁きます。

「私を待っていてくれたの?それとも誰かと間違えちゃったのかな?」(かっこいい~~~)そして私はそっと肩に触れて、少しだけ距離を取り、その女性の目を見ます。「飲みすぎちゃったのかな?それとも私と一緒に飲み直す?」

すると女性は、またも私に抱き着いてきます。私は腰に手を回しそのまましばらく女性のしたいようにしてあげます。そしてもう一度そっと肩に触れて、少しだけ距離を取り、その女性の目を見ます。「気分悪くない?大丈夫?」

さらにその女性は私に抱き着いてきて、キスをしようとします。私は人差し指でその女性の唇にそっと触れてこういいます。「君の名前を教えてくれたらキスしてあげる。」(かっこいい~~~)

しかしその女性はウンウンとうなずくだけでまた私に抱き着こうとした瞬間、私は彼女の肩を抱いて「よ~し、じゃあ一緒に飲んであげるから、お友達のところ教えて?」と言って、トイレを出ます。すると彼女は指を指しました。そしてその先に連れていき、彼女のグループに合流。トイレでの一部始終を話して盛り上がり、そのグループの女性全員の電話番号をゲット!

いかがでしたでしょうか!30年経験を積むと、ここまでできるようになる「かも」しれません!なお、やはり私には、酔っている女の子を連れだしてしまうようなことはできませんので悪しからず!

コメント

タイトルとURLをコピーしました